グッドナイト27000がGABAをプラスしてリニューアル!

従前のグッドナイト27000には夜間の良質な睡眠をサポートするL-テアニンを主とする成分が配合されておりました。

 

リニューアルされたグッドナイト27000プラスにはGABAが加わり一時的な精神的なストレスや疲労感の緩和に効果が発揮されることが認められています。

 

2種の機能性関与成分が「夜間の良質な睡眠をサポート「一時的なストレスや疲労感の緩和」に関与してWでしっかりサポートします。

休息の質をサポート「グッドナイト27000プラス」

 

あなたの睡眠に関するお悩みを解消してくれることでしょう!

☑朝起きてもスッキリしない

☑毎日がストレスとプレッシャー

☑しっかり眠れない

☑寝たはずなのに疲れが取れない

☑もう投げ出したい

☑眠りが足りない

 

グッドナイト27000プラスの配合量(総量)

 

L-テアニン200㎎/3粒

夜間の良質な睡眠のサポートに効果があるとして、様々な研究が行われています。

 

上質なお茶ほど多く、脳内神経伝達物質に作用するほか、血圧を下げたり、記憶に関する学習力の向上、脳血管障害に対する効果が知られています。

 

また「眠気覚ましにコーヒーを飲む」という人も多いかもしれませんが、L-テアニンはカフェインの興奮を落ち着かせる働きもあり、実際に睡眠前に摂取することで円滑な眠りをサポートすることがわかっています。

 

GABA28㎎/3粒

ラックス効果で知られるアミノ酸の1つで、私たちの体内にも存在します。

 

チョコレートなどにも使用されており、気分を落ち着けたり、入眠しやすくしたりする効果が期待できます。

 

そのためパニック障害の原因の1つとして、脳内で不安を落ち着かせる働きを持つGABAがうまく動けず、不安やパニック発作が起きている説もあり、GABAに働きかける薬が用いられることもあります。

 

トリプトファン102㎎/3粒

トリプトファンは体内でセロトニンというホルモンの材料になることで知られています。セロトニンは脳神経内において覚醒状態を維持する働きを持ちます。

 

セロトニンは夜になると、メラトニンというホルモンに変化します。メラトニンは心臓の鼓動や体温、血圧などを低下させていき、体を眠る状態に導くホルモンです。

 

トリプトファンが不足してセロトニンが日中十分に作られないと、夜のメラトニン量が減ってしまい、入眠しにくくなるとされます。

 

グリシン246㎎/3粒

眠りをサポートする効果が期待できるアミノ酸の1種であり、肌のプルプル感には欠かせないコラーゲンの材料でもあります。

 

体内でも生成されますが、摂取することで指先など末梢血管の血流量が増加し、体温を下げやすくなるため、入眠しやすくなる効果があると言われています。

 

カモミール90㎎/3粒

特にストレスを原因とする胃の痛みに効果があるとされ、また風邪や頭痛にも効果があるとして、古くから愛用されています。

 

ラフマ60㎎/3粒

ラフマは中国からヨーロッパ、アジアの温帯に多いハーブの1種であり、特に中国では古くから葉をお茶として飲む文化があります。

長期間お茶として親しまれてきたことから安全性も高いとされ、抗うつ作用や抗不安作用、血圧上昇抑制効果、肝臓保護作用などがあると言われています。

 

ビタミンB群53.7㎎/3粒

グッドナイト27000プラスではビタミンB1・B6・B12、そしてパントテン酸の4種類のビタミンB群が配合されています。

 

ビタミンB群はセロトニンやGABAといった脳内神経伝達物質を作る際に欠かせませんが、普段の生活でビタミンB群を含む食品を摂る機会が少ない場合、不足している可能性があります。

 

ビタミンB1はノリや大豆、しいたけ、胡麻などに豊富です。ビタミンB6はレバーや大豆、ビール酵母などに含まれます。

 

またビタミンB12はレバーや牛乳、卵などに豊富なので、比較的補いやすい栄養素です。

 

パントテン酸は腸内細菌によって体内でも作られますが、カフェインやアルコールを多く摂る人はパントテン酸の消費量が多いため、不足している場合があります。

 

酸や熱に弱いという性質も持っており、食品から摂る場合は加熱しない納豆や生の卵黄、緑茶、脱脂粉乳などが摂取しやすい食品です。

 

パルキサン30㎎/3粒

関節の炎症を抑える効果があるとされるパルキサンは、ビールの原料となるホップから抽出された成分です。

 

ハーブとしてのホップそのものは、ドイツのコミッションE(薬用植物評価委員会)より、落ち着きがない場合、不安など気分障害、睡眠障害に対し、使用が承認されています。

 

機能性関与成分L-テアニンの検証結果

20~36歳の男性22名を対象に、グッドナイト27000プラスに配合されているL-テアニンが配合されている食品と、配合されていない食品を6日間摂取。L-テアニンが配合した食品を摂取したグループは、起床時の疲労回復睡眠の良好感など「睡眠の質の改善」傾向がみられました。

実験対象者

・健常日勤男子25~36歳13名

・健常男子学生20~33歳13名

・条件:問題となる治療中の疾患や過去既往歴がなく、著しい性格的偏りを有さず、睡眠健康に関して著しい不都合の無いもの。

 

GABAの検証結果

平均年齢29歳男性19名を対象に、グッドナイト27000プラスに配合されているGABAを配合した食品と配合されていない食品を摂取。

28~100mgのGABAを含んだ食品は、GABAを含まない食品と比較して、精神的負荷による一時的な精神的ストレスや疲労感を緩和する有意な効果(統計学上、偶然ではなく意味のある効果)が認められました。

 

 

 

注意! 18%の方の未継続が発生しています。

グッドナイト27000プラスは、薬ではなく食品にあたります。

 

そのため「睡眠薬を飲むこと自体が強いストレスになる」という人にとっては、代わりに眠りの手助けをしてくれるものなのです。

 

いくら優れたサプリメントであっても睡眠薬とは異なり、誰にでも確実に効果がある訳ではありません。

日本においてサプリメントはあくまで、その人個人の目的に応じて栄養を補うために摂る「食品」です。

 

グッドナイト27000プラスも同様で、長期間飲んだとしても、効かないと感じる可能性は十分にあります。

睡眠に関してのオールマイティー(万能薬)ではないことをご承知いただきたいのです。

 

L-テアニンの副作用について

L-テアニンの服用による直接的な副作用は現在確認されていません。

一般的に、サプリメントでの摂取やL-テアニンを含むお茶は安全とされています。

 

体質によっては軽い副作用がある場合も

重い症状のものではありませんが、テアニンのサプリメントを摂取している方から、副作用とも考えられる症状が数件報告されています。

ただし、テアニンサプリメントとの関係性については、明らかになっていません。

サプリに含まれている、他の成分の影響かもしれません。

しかし、もしテアニンの影響であるなら、体質によってはこれらの症状が出る可能性もあります。

・尿の出が悪くなる
・舌先や指先の痺れが出る
・下痢
・めまい
・頭痛

いずれも症状は軽いものだったようですが、もしこれらの症状が現れたら、一旦服用を中止した方が良いでしょう。

 

妊娠中・授乳中の場合サプリは控えた方が良い

安全性が高いと言われているテアニンですが、安全性についてはわからない部分もあります。

そのため妊娠中や授乳中の女性は、サプリメントでの摂取は控えた方が良いでしょう。

ただし、テアニンはお茶の中にも含まれており、妊娠中にお茶を飲んではいけないということはありません。

そのためお茶などから摂取する場合には、妊娠中や授乳中であっても、特に問題はないと言えます。

 

ご実感いただくためには!

 

ご実感いただくためには3ヶ月程度飲み続けられることをお勧めします。

お薬ではないので、数日で劇的に変化することは有りません。

サプリメントは継続的に飲み続けることで飲んでいる成分の力をゆっくりと感じていくものです。

お薬とは違い、健康食品となります。

まずは焦らずに3ケ月。じっくりとお付き合いいただければと思います。

 

お求めについて

継続しやすいように、お求めやすい定期コースがご用意されています。

 

通常価格 6,480円(税込)を

定期初回 1,069円(税込)・送料無料

2回目以降 5,184円(税込)でお届けします。

注:定期コースは3回以上の継続が必要となります

お休み制度あり

 

休息の質をサポート「グッドナイト27000プラス」

 

ホームに戻る


コメント