寒い冬は血圧上昇に注意

寒くなると血圧が上がりやすい!

 

知らないうちに、血圧が上がっていた…

また健康診断で、血圧が高めと注意を受けてしまった…

年齢を重ねるごとに、気がかりになってくる血圧の問題です。

 

昨年も健康診断で注意され、「そろそろ対策しないといけない」と思っていたものの、何をすれば良いかわからず、対策をしないまま1年が経ってしまった…。

 

「今年こそは血圧対策を!」と考えてみるものの

血圧は自覚症状がないため、ついつい先延ばしにしてしまうというのが正直なところですよね。

 

そんな「何かあったら対策を始めれば間に合うだろう…」と考えている方!

実は、この面倒くさがりな考えが、危険なのです。

 

これからの時期、気温が下がることで血圧が上昇し、健康リスクが増加傾向にあるのです。

 

秋の血圧130以上は要注意?

今、対策する2つの理由とは

 

①秋は血圧が最も上昇する季節!?

気温が下がると血圧が上がる傾向があります。

そのため、気温が大きく下がる秋は血圧が最も上昇する季節といえます。

 

起床時の室温が20℃なら60歳男女も基準値以内ですが、5℃になれば60歳男女も基準値を超え、危険度が高まります。

 

以上の様に今の時期に血圧が130を超えている場合、冬に向けて気温が下がるにつれて

さらに血圧が高くなるため、より一層注意が必要となります。

 

厚生労働省の調べによると、血圧120を超えてしまっている方は、119以下の方に比べ、血管リスクは約2倍も高く、血圧が高まるにつれ、「突然、まさかの事態に…」という可能性も高くなります。

 

 

②冬は血圧トラブルが最も多い季節!?

実際、気温が下がる12月、1月は一年の中で最も血圧トラブルが多い時期となるため、早め早めの対策が重要となります。

 

高血圧疾患による死亡者数

 

だからこそ、血圧のメカニズムをしっかりと理解し、秋の今から対策する必要があるのです。

 

知っておきたい「血圧のメカニズム」と「リスク」の関係

「血圧」とは、心臓から送り出された血液が血管を内側から押すチカラのこと。

 

血圧の高さは、「心臓が血液を押し出すチカラ」と「血管の広さ」によって決まるため、「血液量が増えたり」、「血管が狭くなる」と、血管の壁を押すチカラが強まることで、血圧が高くなると言われています。

 

また、「塩分の摂りすぎ」や「運動不足」、「ストレス」などの生活習慣の乱れが続くと、血管ダメージが蓄積し、次第に血管が硬くなり、拡がりづらくなる一因になります。

 

さらに、血管は加齢によっても柔軟性が失われるため、気づいたときにはもう危険な状態に…ということも起こりかねません。

 

事実、厚生労働省の調べでも60代は40代と比べて、血圧高めの割合が約1.5倍になるというデータもあり、血圧は年齢とともに上昇します。

 

だからこそ、血圧の問題は早期発見・早期対策が何よりも大切なのです!

 

減塩や運動などの「生活習慣の改善」はもちろんですが、血圧が高めの人の「血圧を下げる」機能がある機能性表示食品・特定保健用食品を選ぶと良いでしょう。

 

「機能性表示食品」とは、特定の保健の目的が期待できる食品のこと。消費者庁に安全性や機能性の根拠が届け出されています。

 

GABA(ギャバ)とはカカオや野菜、穀物などに多く含まれるアミノ酸の一種です。 配合量によって様々な機能性があり、血圧を下げる機能が有名です。

 

さらには気持ちを落ち着かせる「抗ストレス作用」があります。

 

ギャバは、脳に存在する抑制系の神経伝達物質として、ストレスを和らげ、興奮した神経を落ち着かせる働きをしています。

ドーパミンなど興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑えて、リラックス状態をもたらしてくれます。

 

GABAは、血管を収縮させる作用のある神経伝達物質ノルアドレナリンの分泌を抑えて、血管の収縮を和らげ、血の流れをよくして、「血圧が高め」の人の血圧を下げてくれます。

 

そのため、GABAを配合した食品に注目が集まるようになりました。

 

 

 

 

GABAを美味しく簡単に低価格で摂取するには「GABAの緑茶」がお勧めです。

 

1ヶ月1,058円(税込)から始められます。

詳しくはコチラ》》》荒畑園のGABAの緑茶 血圧ケア定期コース

 

ホームに戻る

 


コメント