朝ドラ「おかえりモネ」気象予報士を目指す!

朝ドラ「おかえりモネ」始まる!

 

宮城県気仙沼沖の自然豊かな島で育ち、内陸の町・登米(とめ)の森林組合で働きながら青春を過ごす永浦百音(愛称モネ)が天気予報の可能性に出会う。

百音が天気予報士を目指すきっかけとなったのは、将来を模索しているときに出会った天気予報士から「天気予報は未来を予測できる世界」と教えられ、深く感銘を受けたため。

 

そんな時に山で豪雨に見舞われたことをきっかけに、気象予報士の資格に興味を持ったモネ。

 

モネはやがて気象予報士になる夢を持ち、「私も誰かの役に立ちたい」と、さっそく専門書を購入して、天気の勉強をはじめるのだった。

今後、気象予報士への夢を実現するために、このドラマは展開するのだろうが気象予報士の合格率は5%と言われるほど難関な資格です。

 

あなたならどうチャレンジしますか?

 

「時間を作ろう」

という意識がないと、時間は作れません。

「5 分しかない」という考え方から、 「5 分もある」という考え方へ

「5 分しかない」という考え方だと、「そんな短い時間では何も出来ない」となりやはり思考が停止します。

「5 分もある」という考え方だと、「5 分で何をしよう」と考えるので、時間を有効活用できるようになります。

 

ここであなたに質問です

★「1 日の中で、5 分だけ時間を作れますか?」

ほとんどの人は「それくらいなら出来る」と答えるでしょう。

★では、 「1 日の中で、30 分だけ時間を作れますか?」と聞くと、

「う~ん」と考えてしまう人が増えますね。

★では、 「1 日の中で、5 分の時間を 6回作れますか?」

そうなんです!「時間を作る」のは、【連続した】時間である必要はないのです!

コマ切れの【すきま時間】を寄せ集めても、全然 OK なんです!

すきま時間を見つけるために、自分のスケジュールを書き出すことです。

 

例えば、こんな感じ。

・07:00 起床

・07:15 朝食

・07:40 身支度

・08:00 家を出る「通勤」

・08:40 会社着

・09:00 仕事開始

・12:00 昼休み

・13:00 午後の仕事開始

・18:30 仕事終了

・19:00 同僚と飲み「通勤」

・21:00 帰宅→飲み・テレビ

・22:30 風呂

・24:00 就寝

私がこのスケジュールを見たら、かなり時間を作れそうな気がします。

 

1.通勤時間を活用する

通勤時間を活用するのは、すきま時間のベストな方法ですね。

通勤は 公共交通機関やマイカー通勤の方もいると思います。

交通手段によって多少変わりますが、この時間を有効に活用することが一番早いです。

公共交通機関なら動画、マイカーなら音声だけでもOKです。

※歩きスマホは、NGですよ!

 

2.その他

トイレの中でも、飲み会を少し減らす、テレビをやめて時間をつくる等々作ろうと思えば山ほどある様に思えます。

 

気象予報士とは

膨大な気象関連データを基に天候を予測し、人々にその内容をわかりやすく伝える。

気象予報士の仕事は、各種のデータを基に、天候を予測する仕事です。

 

気象庁から提供される各地の観測データや気象レーダー、アメダスなどの情報を分析し、天気、気温、湿度、降水確率などを予想します。

 

データだけでなく、その地域の地形や特性も踏まえて天気を予測することが必要です。

気象予報士の資格を持っていない人が、気象を予報する業務をすることは禁止されています。

 

気象予報士国家試験は、難易度が高く、合格率は5%前後です。

 

気象予報士になるまで

 

気象予報士資格試験に合格する

気象予報士になるためには、気象予報士資格試験に合格しなくてはなりません。

 

国家資格ということもあり受験者数の多い試験の一つですが、合格率は非常に低く例年5%前後しか合格することができません。

気象に関する専門知識や天気図を読み取る能力が問われる試験で、専門的な勉強が必要です。

 

資格取得後の進路

試験合格後は、気象予報士登録申請書、気象予報士試験合格証明書などを提出し、気象庁長官の登録を受けることで気象予報士の資格を取得することができます。

 

気象予報士の就職先といえばテレビ局や新聞社などのメディアを想像しがちですが、実際には気象会社・シンクタンク・研究所などで幅広く活躍しています。

 

ただし気象予報士枠を設けている就職先はごく一部ですし、難関資格に合格したからといって就職先が保証されているわけではありません。

 

資格を取得してどんなところで働きたいのか、自分の予報技能をどんな場所で役立てたいのかを考え、資格以外の強みも磨いておくことが大切です。

 

よく混同されがちですが、気象庁職員は気象予報士ではありません。

 

気象予報士の資格は、気象庁の業務を民間に委託するための資格であるため、気象庁職員とはまったく性質が異なることを知っておきましょう。

 

資格取得の選択肢【オンスク.JP】オンライン資格学習サービス

様々な資格学習が1078円でウケホーダイ!【オンスク.JP】オンライン資格学習サービスがあります。

オンクス.jPのオンラインの資格学習サービスはスキマ時間を活用してスマホでもパソコンでも複数のデバイスで学習が可能です。

 

過去問を徹底分析した問題演習機能を採用しているため、合格率を高めます。

お財布に優しい、月額1,078円~受講できる。

 

気象予報士の講座内容

オンスクの気象予報士講座は、講義動画・問題演習・ダウンロード教材つき。

学習の進捗管理もすべてWEB上でできる、資格対策講座です。

 

講義動画

・全82回(約13時間)

・全236問

・ダウンロード教材

・音声、講義スライド

・その他機能

学習管理機能、キーワード検索機能、復習機能 等

気象予報士 講座の特長

気象に関わる実績多数の講師による講義動画

 

気象予報士のテキスト執筆や模擬試験の作成実績をもつ講師が担当。一般的に難関と言われる気象予報士ですが、イラストや小道具を使ったり、公式を語呂あわせで暗記する方法を紹介したりと工夫が散りばめられているため、楽しみながら学習することができます。

 

動画視聴時には7段階で調整できる倍速再生機能やしおり機能、講義動画のキーワード検索機能などの便利な機能もご活用ください。

 

気象予報士の本試験対策ができる問題演習

まずは各単元のポイントを押さえた問題演習で理解度をチェックしましょう。問題のなかには本試験と同様の形式も含まれているため、試験対策としても活用できます。また、詳しい解説付きなので、知識の覚え直しにも最適です。

 

問題演習機能では、間違えた問題だけを解き直したり、実力テストで理解度のチェックもできるので、アウトプット強化にご活用ください。

 

効率的なインプットや復習に便利なダウンロード教材つき

 

気象予報士講座は、講義の音声・講義スライドデータがダウンロード可能。ダウンロード教材をスマホで持ち歩けば、オフライン環境でも学習が進められ、スキマ時間で効率的な学習ができます。

 

また、毎日の学習時間や進み具合がパッと見でわかる、学習進捗機能つきなのも、独学の強い味方です。

 

担当講師が執筆したテキストと併用して楽しく学習

気象予報士講座は、担当講師が執筆した「イラスト図解 よくわかる気象学(第2版)」に準拠しています。

難しい言葉を使わず、数式や記号の意味も丁寧に説明しているため、初学者にやさしい内容になっています。登場するキャラクター「学くん」と一緒に楽しく学習でき、理解力もより深まるのでおすすめです。

 

あなたも未来のモネを目指しませんか?

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

ホームに戻る


コメント