生活習慣

生活習慣

飲酒の習慣を見直しました

お酒が強い人ほど注意! 適度のお酒はほろ酔い状態にし、開放感や疲労回復、快活な気分をもたらして人間関係の 潤滑油ともなります。 しかし、コロナ禍で外出自粛が続き、ストレスから自宅での飲酒の機会が増えてはいませんか。 自...
生活習慣

悪い生活習慣は体と心をボロボロに

悪い生活習慣として身に付いたのが寝酒でした。遅い食事後12時過ぎまで飲んで、ほぼべろべろの状態で床につく。 ところが、就寝前に飲んで食べて酒酔いの状態で眠ることで、心も健康も最悪状態に! そこで、決意!決意「負の連鎖を断ち切る」目標として、健康診断の血液検査の数値改善・メタボ解消!としました。
健康

男性更年期障害が怖い

更年期障害というと、女性特有の症状と思っている方が多いいようですが、女性の更年期障害は閉経前後の数年間に対して、男性更年期障害のは40歳以降、60歳、70代でも発症する可能性があり、女性より長期間辛い思いをすることもある。と言われています。 生活習慣での改善方法を取り入れ、元気で明るい生活を取り戻しましょう。
生活習慣

元気でパワフル 好印象を与える

パワフルな人は頼りがいがありそうな雰囲気を持っていますので、自然にリーダー的存在へと抜擢されことも多くなります。 周りから信頼され、慕われ、会社の中だったら重要な仕事を任され出世へのチャンスも膨らんできます。 多くの人から慕われれば、恋愛の機会も増えることでしょう。
生活習慣

ルーティンとマンネリ化

「ルーティン」という言葉を聞いたことはありますか? 「ルーティンを行なっている人」というとスポーツ選手が思い浮かび、例えばイチロー選手がバッターボックスに入る際に行う、バットを片手で大きく2度回して立て、ユニフォームの肩をつまみ、バッティング体制に入る一連の動作もルーティンです。