シミの原因は年齢だけではなかった!

気になる顔のシミ、シミがあるだけで老け顔

女性の肌悩みので、上位にあがるのがシミです。seesaa144.jpg
今あるシミが何とかならないか?
これからシミが増やさないためにはどうすれば良いの?
の疑問にお答えします。

 

 

目もとは、見た目印象に大きな影響を与える重要な部位ですが皮膚が薄いため、刺激によって肌トラブルが現れやすく、年齢を重ねた肌にとってお悩みの種です。

→1本でシワ&シミに! RF28 Wエフェクト アイクリーム

RF28 Wエフェクト アイクリームの使用感!

今まで他のアイクリームを使用していた時は感じたりすることがなかった。

RF28 Wエフェクトアイクリームを使い始めて2週間なのに、目もとがピンとしてきた気がします。

友達にも目もとの印象が違う!と言われました。目の下だけでなく目の周りや最近シワが気になるおでこなど広範囲に使っています。

 

?■なぜ顔にシミができてしまうの?

「シミの原因になっているのはメラニンですので、紫外線対策がもっとも重要です。


特に5~8月の紫外線量の高い季節に屋外でのレジャーなどでの刺激を受けることで作られます。
ただし通常の日焼けであれば、日々の肌の生まれ変わりであるターンオーバーによって、メラニンを貯めこんだ細胞は時間とともにはがれ落ちます。

では 、なぜ「シミ」として肌に残ってしまうのでしょうか?
それは長年紫外線を浴び続けることで肌がダメージを受け、皮膚の再生能力が低下してしまうからです。
それによりターンオーバーのサイクルが乱れ、本来はがれ落ちるはずのメラニンを貯めこんだ細胞がそのまま滞ってしまうことで「シミ」となります。
seesaa145.jpg

 

?■シミはこすることで余計に濃くなる 

洗顔時にゴシゴシ洗ってはシミを濃くする元です。
できたシミに対して、美容液などを塗るときにも注意が必要です。
「一生懸命、こすりつけるように塗ってしまうと、余計にシミが濃くなってしまうことがあります。
やり過ぎないように、気になっても触らないようにしたいですね」

つまり、シミの大きな原因としては、
紫外線などによる刺激によって、メラニンがたくさん作られてしまう

正しいターンオーバーが行われず、メラニンを貯めこんだ細胞が滞ってしまう
という2つの原因があるのです。

 

効果的なシミ対策は? 

シミへの基本的な対策としては「シミを作らせない」こと。

◆外出時には、日焼け止めは必須です。
紫外線量の高い季節や屋外でのレジャーなどでは、強い日焼け止めが必要になりますが、注意したいのは塗る量です。seesaa146.jpg
ほとんどの方が適正量の半分~1/3程度しか塗っておらず、その場合期待される効果が得られません。

 

平均的な日本人の顔の大きさでいうと、500円玉くらいの量を塗る必要があるのです。
また、日焼け止めだけでなく、日傘やアームカバー、帽子など物理的に紫外線を防ぐことも有効です。

(日焼け止めの選び方や正しい使い方についてチェック!)
もちろん日々のスキンケアもとっても重要。

紫外線を浴びてからメラニンが作られ始めるまで、約3日かかるといわれています。
そのため、紫外線を浴びてしまったとしても、迅速に適切なケアをすることでシミを未然に防ぐことが可能です!

 

◆紫外線対策に効果的な食品は?
最近、よく耳にする「飲む日焼け止め」と称するサプリメント。

実は、*****紫外線&シミ対策の飲むサプリ マスターホワイトは専門家監修もと誕生したサプリメントなのです。
紫外線を浴びると体内で活性酸素が発生するのは事実です。
活性酸素は、お肌のハリ・弾力に重要なコラーゲンやエラスチンなどにダメージを与えて、シワ・たるみの原因になります。
その悪影響を抑えるためにも、紫外線を浴びる前に抗酸化作用のある食品を摂取するのはとっても有効です。

◆抗酸化作用のある食品
紫外線は老化の原因である「酸化」を引き起こします。
もともと体内には酸化に対抗するために「抗酸化物質」を生成し、酸化による被害を取り除いています。

 

ですが加齢により、その抗酸化物質の生成量が減少してしまいます。
そのため、抗酸化作用をもつ食品を積極的に摂取することはとっても重要です。
抗酸化作用をもつ栄養素の代表格は
・ビタミンC
・ビタミンE
・ポリフェノール
・カロテノイド
などです。

 

特に紫外線を浴びる前の朝食に取り入れて、酸化に負けないコンディション作りが重要です。
抗酸化作用を持つ食品についてチェック!
●ビタミンC…赤ピーマン、ブロッコリー、ジャガイモなど
●ビタミンE…きな粉、アーモンド、ツナ缶など
●ポリフェノール…チョコレート、ココア、ブルーベリーなど
●カロテノイド…トマト(リコピン)、鮭(アスタキサンチン)、ホウレンソウ(ルテイン)など

●紫外線から肌を守るために気をつけたい食べ物
紫外線をより多く吸収してしまう成分が「ソラレン」という光毒性成分です。

なんとソラレンは、抗酸化力のあるオレンジやグレープフルーツなどの柑橘類の他、キュウリ、セロリなどにも多く含まれているといいます。

ソラレンの作用は摂取後2時間でピークに達し、その後8時間ほど続くとされています。
そのため、ソラレンを多く含む食材は夕方以降に摂取することをオススメします。
これらの食品を敬遠する必要はなく、食べるタイミングを意識することで、お肌や美容に良い食べ物として安心して摂取できますので、ぜひ試してみてください!

アラフォーになり頬にくすみのような黒ずみが出てきたので、ファンデーションで隠したり、シミ消しクリームを使ったり、四苦八苦!そんな時にテレビCMで、シミ消しは塗るのではなくLシステイン、ビタミンCを飲む医薬品があるんだ!と知ったんです。
それが、ホワイトールだったんです。今は化粧をするのが楽しみ!

 

出来たシミを消すためには? 


シミを消すにはいくつか方法があると言われています。
1.レーザー治療でシミを薄くする
2.ハイドロキノン(塗り薬)でシミを薄くする
3.シナールやトランサミンなどの内服薬で薄くする
4.化粧品でシミを薄くする
などが挙げられます。

個人的な考えですが、化粧品だけで、でできてしまったシミを消すのは難しいと感じています。


なので、できてしまったシミを確実に消したい人はレーザー治療かハイドロキノンでの漂白が確実なのかなーと思います。
手頃な価格でシミ取りレーザーを受けられるクリニックがない!という人もいると思います。

自宅でシミを消す方法ですが、即効性はありませんがハイドロキノン【ホワイトHQクリーム 】での漂白が一番確実だと思います。
ハイドロキノンクリームはコチラで購入することができます。
専門機関レベルの5%まで配合した実感力の高い製品です。
たった3秒でくすん点にバイバイ!老け顔解消♪

ですが、ハイドロキノンは表皮のシミにしか効果がないので、深く濃いシミは薄くはなるかもしれないけど完全に消えることはないようです。

 

また、ハイドロキノンが配合されている化粧品もありますが、化粧品でシミを消すのは時間と根気が必要だと思います。
seesaa196.jpg

「うっかり日焼け」しちゃった後は?


本来であれば、日焼け止めなどできちんと肌を守ることが大切です。
でも、頭ではわかっていても、いつもきちんと日焼け止めを塗れるわけではないですよね?
うっかり日焼けをしてしまった直後、すぐに美白化粧品を使いたくなりますがそれはNGです!
まずは日焼け後、最初に訪れる炎症を抑えましょう。
肌に赤味やヒリヒリ感がある場合は、冷やして炎症を鎮めてからきちんと保湿することが重要です。
美白化粧品の中には刺激が強いものがあるので、日焼け直後の使用は避けたほうがよいでしょう。
翌日、炎症がおさまったなと思ったら美白化粧品を使い始めましょう。
実は、美白化粧品の働きは「シミの生成を防ぐ」という予防的な働きなのです。
できてしまったシミを消す働きがあるわけではないのです。

一般的に、肌に紫外線を浴びてからメラニン(肌が黒くなる原因の色素)が定着するまで3日かかるといわれています。
肌を黒くするサンタン※が起こるまでの間にきちんと美白ケアを行っておけば肌が黒くなるのを防ぐことができます!
そのため、サンバーン※による炎症がおさまったらすぐに美白ケアを始めましょう!
ただ、そうはいっても日焼け後の肌はダメージを受けて間もなく、完全に健康な状態ではありません。

なので、より肌をいたわってくれる処方の美白化粧品を選びたいところです。

※サンバーンは、主にUVBが原因となって日焼け後にすぐに赤みや痛みなどの症状がでます。
※サンタンは、UVAとUVBが原因でメラニン色素が増えることにより、黒っぽくなる日焼けです。
年とともに増える「顔のシミ・そばかす」そのままだと、将来は大変なことに!?

 

シワができる原因は加齢により肌の弾力が低下することや乾燥、紫外線などのダメージ、このままほっておくと数年先には取り返しのつかないことに!

》》》加齢によるシワ改善にNALC 薬用ホワイトリンクルクリーム

鏡を見るたびに老けたなぁ~とため息が!目じり、眉間、おでこ、などにできるシワのことです。

このままほっておくと数年先には取り返しがつかなくなりそうです。

早速、シワを改善する×美白【NALC薬用ホワイトリンクルクリーム】を活用。

塗って数時間後には張りのある目元が実感でき、これでシワ・美白 対策の一石二鳥です。

 

 

コメント