気象予報士講座が980円で受講できる

気象予報士とは

気象予報士制度は、平成6年度に導入された制度です。
この制度は、防災情報と密接な関係を持つ気象情報を、適切に利用できる技術者を確保することを目的としている。
予報業務を行う事業者は、現象の予想を気象予報士に行わせることを義務づけられています。
気象予報士となるためには、(一財)気象業務支援センターが実施する気象予報士試験に合格し、気象庁長官の登録を受けることが必要です。

気象予報士試験について

気象予報士試験は、(一財)気象業務支援センターが、気象業務法に基づき気象庁長官の指定を受けて行っています。

気象予報士試験の申し込み方法、日程、合格者数、気象予報士Q&A 等が掲載されています。

気象予報士試験合格率はわずか5%

試験は全国6都道府県で行われます。

1年に2回実施され、合格率がわずか5%ほどという、非常に難関な試験となっています。

このことからも、きちんと対策しないと受からない、覚悟の必要な試験だとわかります。

 

試験の構成について

・学科試験(一般知識)
・学科試験(専門知識)
・実技試験

 

 

オンスク.JPの気象予報士講座

気象予報士 講座の特長

気象に関わる実績多数の講師による講義動画
・月額 980円で資格学習コンテンツが利用可能
・スマホでもPCでも、マルチデバイス対応でどこでも学習が可能
・資格の学校TACのノウハウが凝縮された充実の講義ムービー
・過去問を徹底分析した問題演習機能
講義回数 全82回、トータル約13時間
気象予報士のテキスト執筆や模擬試験の作成などの実績が多い講師が担当します。
イラストや小道具を使ったり、公式を語呂あわせで暗記する方法を紹介したりと、理解しやすい工夫をしています。
本試験対策ができる問題演習:初級編 121問/中級編 75問/上級編 40問
まずは各単元のポイントを押さえた問題演習で理解度をチェック。
上級編では、本試験と同じ形式のため試験対策としても活用できます。
また、図を使って丁寧に解説しているため、知識の覚え直しにも最適です。

 

図解つきで直感的に理解できる講義スライド

一度見た講義の内容をもう一度確認したい時に便利なのが「講義スライド」。
重要なポイントだけを押さえてまとめているため、授業内容のおさらいとしてのまとめや、試験直前の見直し用の資料として利用することも可能です。
現象別に色を分けて表示するなど、カラフルにすることでイメージでの理解もしやすくなっています。
気象予報士の取得を目指している、または興味がある皆さんとしては、
気象予報士の資格を取るとどんな仕事に就けるのかも気になりますよね。

気象予報士の取得メリット

就職・転職・キャリアアップに役立つ

気象現象などの予測は、気象予報士の資格取得者のみが行える業務のため、民間の気象会社や天候の変化によって影響をうける業界への就職が有利になります。

 

地方自治体の公務員試験にメリットがある

台風やゲリラ豪雨などの気象による災害が後を絶たない日本において、それらを対策すべき地方自治体の現場で、気象の知識を持ったスペシャリストは必要不可欠です。

ということで、「気象予報士とはどんな資格?」
気象予報士が活躍している職種についてご紹介をしています。
なるほどと思える仕事から、ちょっと意外な仕事まで、リアルな姿をご確認できますよ。

コメント