寒い季節の肩こりの苦痛解消!

肩こりの原因と症状

 

私は1日に数時間パソコンに向かって作業をしています。

そのせいか、肩こりが酷く、ずっしり思い荷物が肩を覆っているような感じなのです。

 

そこで、パソコン作業中は1時間に1回は休息をとり、先ずは窓際に立ち遠くを見て目の疲労解消に努めています。

 

次に肩・首・肩甲骨のストレッチをするようにしています。

それでも、なかなか解消できず、マッサージなども取り入れています。

 

特に寒い季節になると、その肩こりが更に増してくるのです。

 

肩こりを予防するポイントを調べてみました。

 

肩や首のコリを感じた時は、マッサージを行うという方も多いのではないでしょうか?

もちろん、マッサージにより筋肉がほぐされ楽にはなりますが、誰かにやってもらう必要があり、自分自身でマッサージするのは難しいですよね。

人の手を借りることなくコリを改善するためには、凝っている部分の筋肉を動かす方法が簡単です。動かすことで筋肉がほぐれ、血流が良くなります。

寒いと身体が縮こまり前かがみになりがちですが、前かがみの姿勢がつづくと、僧帽筋という首・肩・背中をつなぐ大きな筋肉が伸びたままになるため血流が低下し、肩や首のコリを引き起こします。

この前かがみの姿勢による肩こりは、寒さだけでなく、スマホを長時間に見たり、パソコン作業が多い方にもよく起こります。

 

ストレッチを行う

そんな時は、伸びきった僧帽筋をぎゅっと縮めるように背中を反らせるストレッチを取り入れると効果的です。

 

身体を温める

身体を温めることによって、血管が広がり、血流が改善します。

手っ取り早く身体を温めるには、湯船にゆっくりとつかるのが一番。

特に炭酸入りの入浴剤は血行促進効果が高いので、コリ解消におすすめです。

忙しくてどうしても湯船につかることができない場合は、コリのある部分にいつもより長めに温かいシャワーを当てて、血流を促しましょう。

 

質の良い睡眠をとる

質の良い睡眠を取ることもコリの予防には重要です。

体内には、交感神経と副交感神経という二つの自律神経があり、それぞれがバランスを取りながら働いています。

交感神経は身体の中で言わばアクセルのような役割を持っており、目が覚めて活動を始めるときや仕事をしているとき、運動をしているときに働く神経です。副交感神経は、体を休ませる機能があり、食後や睡眠中などに働く神経です。

この自律神経がバランスよく働いている場合は問題がないですが、十分な睡眠が取れていなかったり、熟睡できていなかったりすると、体内の自律神経が乱れ、交感神経が優位になりすぎてしまいます。その結果血管が収縮し、血流の流れが悪くなり、コリを引き起こしやすくなります。

 

質の高い睡眠が取れていると、自律神経のバランスが整うため、血流低下を引き起こしにくく、コリ予防にもなるのです。

 

質の高い睡眠をとるには、寝始めてから最初の90分間に深い眠りにつくことが大切。最初にしっかり熟睡できると、その後の睡眠のリズムが整い、自律神経のバランスも整い、体の疲れがとれやすくなります。

 

睡眠の質を高める方法

 

首に負担のかからない枕【スリープマージピロー】を使用することで良質な睡眠が得ることが、首、肩こりが改善できるのです。

 

スリープマージピローが多くのメディアに掲載

 

 

 

首・肩リセットの秘訣は、首の解放と寝返り

私たちは5~6キロもある頭部の重さを、首・肩周りの筋肉で支えて生活しています。

 

日常の生活では、あらゆる動作をする上でも首・肩周りの違和感を持続的に感じており、頚椎への負担がかかるため肩こりが生じるのです。

 

また、最近はスマホやパソコン等の使用で前かがみになることから、ストレートネックの方も多くなってきており、肩や首周りに負担が大きくなってきております。

 

私たちにとって睡眠は、日常の首・肩周りの違和感を解放して、起きている間の活動をより良くするための大切な時間です。

 

睡眠中にいかに首・肩周りの負担を軽減し、寝返りをうって身体を動かせば、良いコンデションに戻すことができるのです。

目指したのは、首に負担のかからない枕です。

首の解放と寝返りのしやすさを実現したスリープマージピロー!

 

1.レジェンドフォームだけの場合

 

首の解放を実現するレジェンドフォーム

沈み込みも多くゆっくり戻るレジェンドフォームは、頭と首を乗せた瞬間に広い面積で受け止めるので、圧力を分散し、優しく包み込み首を解放します。

 

2.ラバリーフォームだけの場合

 

自然な寝返りを促すラバリーフォーム

反発力が高く、復元力があるラバリーフォームは、沈み込みが少なく、弾力があるので寝返りがしやすく、適度な高さを維持します。

 

 

3.マルチウェーブカットを採用!

疲れた首・肩をリセットするために必要な自然な沈み込みと、首と肩を解放するためのマルチウェーブカットを採用!

 

レジェンドフォームに空洞を作ることで、寝返りに合わせて沈みこみ、吸い付くように寝返りに合わせて沈み込みが戻るようにしました。

 

 

 

ラバリーフォームには、3つのボーンを作って首にかかる圧力を少なくしながら、首の高さを維持し、まるで手のひらで優しく包み込んでいるような感覚を実現しました。

 

 

寝ている間に、日中に溜まった首・肩のストレスを少なくすれば、疲れた身体をリセット出来ます。

そのためには、疲れた頭・首・肩の広い範囲での圧力の分散と、首を支える適切な高さも必要です。

 

しかし、圧力の分散と自然な寝姿勢は相反する性質のため、これを両立することは大変難しいことでした。

 

首の解放と自然な寝返りを促すことができる、スリープマージピローです!

 

 

外カバーも超マイクロファイバー構造

パウダータッチで吸汗、速乾に優れた超マイクロファイバーと吸水に優れ、とても柔らかくなめらかな肌触りのよいレーヨンを組み合わせることで、いつも快適なドライタッチとしなやかさでを実現。まさに新感覚のカバーです。

 

吸汗・乾燥性能でいつでも快適

吸汗性にも優れ、乾きが早く、いつでも快適なドライタッチを実現できます。

 

様々なお悩みをお持ちの方々からお喜びの声を頂いております!

 

目覚めもスッキリで、びっくりしました

家事や育児に追われ、睡眠くらいはしっかり摂りたくてこの枕を使ってみました。頭を乗せた瞬間に、「この枕いいかも!」と直感。 初日も違和感なく、グッスリ眠れました。朝起きた時の首や肩の怠さを感じずに、目覚めもスッキリ起きられたのにはびっくりですね。 起きてすぐの家事も楽に感じられ、気分良く子供達を送り出すことができました。

 

※個人の方の感想で、すべての方に当てはまるものではございません。またその効果を保証するものではありません。

 

ストレートネックと診断されて思い切って購入しました

毎日長時間の細かい数字とパソコン作業で、首や肩がパンパンでなかなか寝付けない日々。 先日、整体院ではストレートネックと診断されて、枕を探してた時に目にとまり、思いきって購入しました。 今までは、仰向けだと何か寝苦しくて、横向きでしか眠れなかったのに、この枕は仰向けでもラクなのには驚きました。 朝、起き上がるのが一苦労だったのが、意外とすんなり起きられます。枕一つで全然変わるんですね。カバーの肌触りも私好みで、気持ちが良いです。

※個人の方の感想で、すべての方に当てはまるものではございません。またその効果を保証するものではありません。

 

ショートスリーパーの自分にもピッタリです

事柄、十分な睡眠時間を取るのは難しく、いつの間にかショートスリーパーになっています。 最近、起きた時の疲労感が抜けず、知人に紹介されたこの枕に変えてみたら、僕には合っていたようです。 しっかり感のある固めのまくらが好みなので、自分にはどうかなと思ったのですが、仰向けになるとこれが不思議と気にならない。 高さも丁度良い所で落ち着くのがいいですね。自分は高めで使っていますが、低めにして妻にも試し寝させたところ、気に入ったらしく2個目の購入をさせられそうです。

※個人の方の感想で、すべての方に当てはまるものではございません。またその効果を保証するものではありません。

 

スリープマージピロー

 

詳しくはコチラ》》》

 

ホームに戻る


コメント