生命保険の死亡保障はいくらか?

保険・災害

死亡保障の必要保障額はいくら必要か?

 

生命保険の死亡保障は大黒柱であるご主人に万が一の際に残された遺族が安心して暮らせる生活費を補うことが出来れば最適です。

それ以上なら月々の保険料が高くなるし、以下なら不足して生活が苦しくなります。

 

では、早速計算してみましょう。

 

基本は「支出」―「収入」=「必要保障額」となります。

 

・支出は、葬儀費用、死後の整理費用、遺族の生活費、こどもの教育費等々です

・収入は、遺族年金(老齢年金)、預貯金、遺族の収入、相続財産等々です

 

計算の根拠(簡便法)

一例として、夫35歳、妻30歳と子供一人5歳を例として、月々の生活費40万円として、

夫の死後、子供が大学を卒業するまで間(a期間)の生活費は70%に28万円

子供が大学を卒豪後、妻一人の老後(b期間)の生活費は50%の20万円と仮説を置いています。

妻の就労期間(c期間)に得ることのできる収入とする。

 

預貯金、相続財産なし、住宅ローンは完済を前提とする。

 

住宅ローン契約に伴い、加入を求められるものがいくつかあります。
代表的なものの一つは、ローン契約者にもしものことが起こった際に、残債の返済が行われる「団体信用生命保険」です。そして、もう一つは「火災保険」です。

 

支出

支出1:葬儀費用、死後の整理費用・・・・・・・・・ 500万円

支出2:生存中の生活費70%×12ヶ月×a期間・・・・5712万円

支出3:生存中の生活費50%×12ヶ月×b期間・・・・9360万円

支出4:子供の教育費・・・・・・・・・・・・・・・1000万円

合計                     1憶6,572万円

 

大学在学中の教育費合計(万円)

通学 下宿
公立 528 826
私立(文系) 688 978
私立(理系) 824 1114

 

 

収入

 

収入1:遺族厚生年金

平均標準報酬額×5.481/1000×被保険者月数×3/4

※標準報酬月額は22歳から35歳まで30万円とする

30万円×5.481/1000×13年間×12ヶ月×3/4=192,383円

192,383円×56年間×12ヶ月=1億2928万円

 

収入2:老齢基礎年金

年額78万円×21年=1638万円

 

収入3:遺族の収入

妻40歳~60歳 20年間×100万円=2000万円

 

収入計            1憶6566万円

 

収支差額

1憶6,572万円 ―  1憶6566万円 = ー6万円

 

日本の社会保障制度は素晴らしいですね!

ごく平均的なサラリーマンなら、しっかりセーフティーネッで守られています。

 

ただし、このケースは子供一人のケースですが2人なら条件は大きく変わってきます。

収入は変わりませんが、支出は大幅に増えます。

 

また、ご主人の不幸に見舞われましたが、その後は特別なアクシデントなしの生活状態です。

この様なことは考えにくく、病気やケガに見舞われることもありますし、耐久消費財である家具や家電の買い替え、車の購入・買い替え、更には持ち家なら屋根や壁の塗り替え・メンテナンスも発生します。

更には子供の結婚・出産、孫へのお祝いや各種支援等々、老後でも思いもかけない出費が発生します。

そのよう特別な支出に備えて死亡保障3000万円ないし5000万円程度は死亡保障に加入すべきと考えます。

 

ですが、死亡保障はご家族のライフステージに見合った保障とすべきですので、数百万円の終身保険と数千万円の掛け捨て保険を組み合わせるのがベストです。

 

保険のプロFPによる自宅訪問型の無料保障相談

 

保険コネクト

国内最大級!保険についての、プロ・FPへの無料相談申込は【保険コネクト】

保険コネクトは、保険やお金に関する相談をしたい方と、保険のプロ・FPとのマッチングサービスです。

・平均20社以上、複数の保険商品を比較して提案

・日本全国対応可能(提携人数4000人以上)

・どこでも、何度でも相談無料

・独自の「安心評価制度」にて、項目を満たす優秀なプランナーのみ

・しつこい営業行為 / 強引な加入行為の禁止

・提案にご納得を頂き、希望商品の加入をご希望の場合のみご契約

・保険相談した人の約90%が満足と回答

》》》詳しくは公式サイトで!

 

保障(補償)のことを全て自分自身で研究・計算する必要はありません。

このようなお金に関することを専門にする人がファイナンシャルプランナーです。

プロにお任せすることが得策です。

 

保障の見直しはライフステージに合わせて、随時行うことが大事です。

・結婚を機に!

・お子様が誕生された機に!

・お子様が社会に巣立たれた機に!

この機を逃すと万が一の際に大変な損失・ご苦労を背負うことになりますよ!

是非、お勧めします。

 

お勧めするサイト

生命保険はライフステージによって見直し
保険は万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度で、私たちを取りまくさまざまな事故や災害から生命や財産損失を経済的に補てんする仕組みのひとつです。
保障(補償)のことを全て自分自身で研究・計算する必要はありません。このようなお金に関することを専門にする人がファイナンシャルプランナーです。

医療保険の入院日額の保障はいくらに?
万が一、病気やケガで入院した場合のために保険に加入しますが、その保障額はいくらくらいが適切なのでしょうか?
病気やケガで病院に罹った時には健康保険があり、その健康保険でカバーしきれない部分が自己負担となります。
従って、医療保険で保障できる範囲とその額を徹底分析します。

保険の請求漏れはありませんか?
保険の事由に該当するか否かを自分(もしくは受取人)で判断して、申告(請求)して、初めて、保険金の対象となるか否かを審査して、対象となる事案に関して保険金が支払われます。
入院や死亡といった主たる保障事由の場合は請求のし忘れ等はないでしょうが、特約や付帯サービスは保障の対象となっていることをご存じない方が多数おられます。

天災は忘れた頃にやってくる!
東日本大震災は発生から10年、壊滅的な被害を受けた各県の沿岸部はインフラはほぼ復旧も進んでいるようですが、生活は政府が思っているよに復興しているとはいい難い。
私たちが住んでいる、この地震大国の日本でどのような地震対策をしたら良いのでしょうか?
備えあれば憂いなし、充分な備えを共に考えていきましょう。

 

 

ホームに戻る


コメント