肩や背中のフケ対策

コミュニケーション

身だしなみ重要な点の一つとしてのフケ対策

どんなにかっこ良いヘアスタイルやスーツ姿でも、肩や背中にフケが落ちていては幻滅します。
見ているほうが、頭が痒くなるような錯覚に落ち入るほどです。

 

頭皮でお悩みの方は、大事な会議中でも、デートの最中でも、前触れもなく襲ってくる頭皮が痒くなり、ムズムズ感に耐えられずにかきむしってしまうと、肩にはびっしり粉雪のようなフケが落ちることがあります。

薬用グローリン・ギガ 格安販売

【薬用】グローリン・ギガは販売実績240万本突破でしかも驚きのリピート率93%、お客様満足度97%の発毛促進する薬用育毛剤です。1ヶ月840円で毛根や頭皮の血行を促進して血流を改善するため、休止期となっている毛根の活動を促してくれます。

 

毎日一生懸命、頭を洗っているのになんで!?とお悩みの方は多いと思います。

 

その原因とされているのが、以下の4つです。

① 頭皮の乾燥

年齢を重ねると頭皮からも水分を蓄えているセラミドやNMF(天然保湿因子)、コラーゲンなどが減っていくため、乾燥しやすくなります。
また、季節的に空気の乾燥する冬季にひどくなる場合があります。
加えて、日光が当たりやすい頭皮は、常に紫外線による乾燥の危険にさらされています。

頭皮の水分量が減り、表面をバリアしている角質層が剥がれてフケになります。
そして地肌は、外部からの刺激を受けやすい「敏感肌」になってしまい、やがて角質層に守られていた“かゆみを感じる神経”がむき出しになり、かゆみが起こることがあります。

 

② 菌の増加

人間のお肌や頭皮には、いくつもの常在菌が繁殖しており、そのひとつが、「マラセチア菌(癜風菌)」で、湿度と皮脂が大好きなカビの一種です。

マラセチア菌が頭皮で増えすぎてしまうと、頭皮のターンオーバー(新陳代謝)が異常に速まり、頭皮の細胞片がまだ出来上がっていないうちにフケ状に剥がれ落ちます。
すると地肌はバリア機能が低下した状態になり、炎症を起こすのです。

菌が増える原因としては、脂っこい食事や過食、ストレス、過労、睡眠不足などが挙げられます。

 ③ 感染症(例:シラミ、水虫など)

アタマジラミは、髪の毛に寄生して、頭皮から血を吸い、かゆみや湿疹などを引き起こします。
予防には、普段から寝具・ブラシ・タオルなどを人と共用しない、寝具はこまめに替え、掃除機をかけるといった対策が重要です。
また足にできる水虫が頭皮に感染して、フケ・かゆみの原因になる場合もあります。
その他、最近ではトリコフィトン・トンズランス菌という新型水虫も出現しています。
毛の内部、毛根部に入り込んだ水虫はとても治りにくく、外用薬+内服抗真菌剤で治療します。

④ ストレス

ストレスを抱えていると、人は緊張状態から汗をかきやすくなります。
また、不規則な食生活、睡眠不足が続くと肌荒れが起こるのは、頭皮でも同じです。
フケやかゆみが起こりやすくなるだけではなく、足りない潤いをなんとか別のものでカバーしようと皮脂を分泌するので、「乾燥しているのに皮脂でベタベタ」「汗と皮脂で頭がにおう」といった現象も起こりやすくなります。

 

フケ・かゆみ対策 のための頭皮ケア方法

スキンケアと同じく、原因にあった地肌ケアをすることで、頭皮環境が改善する場合があります。

 

原因が乾燥だと思われる場合

・シャンプーの種類を低刺激に変える
・シャンプーに重曹を混ぜる
・髪の洗い方と頻度を見直す
・塩素の入った水を避ける(シャワーヘッドなどで除去)
・肌や粘膜の乾燥・老化を防ぐビタミンAやビタミンEを意識してとる
・洗髪後に頭皮の乾燥を防ぐコンディショナーやローションを使う
・部屋の湿度を上げるため、加湿器をたく

 

高齢者に多い壮年性脱毛症とは?

加齢と共に薄毛が目立つ、壮年性脱毛症が気になっている方は多いのではないでしょうか。
正しく対策することで将来的に薄毛を抑えられる可能性があるため、それぞれの特徴や違いについて確認しておくことが大切です。
若年性と、壮年性に分けることができますが、双方合わせ「AGA」や「男性型脱毛症」と呼ばれています。

 

マラセチア菌による脂漏性皮膚炎が疑われる場合

・シャンプーの種類を抗真菌剤(成分)入りなどに変える
・シャンプーに重曹を混ぜるる
・髪の洗い方と頻度を見直す
・洗髪後は必ずドライヤーでしっかり乾かす
・毎日のヘアケア剤・整髪料の使用は頭皮が回復するまでやめる
・ストレスをためない
・塩分・油分・肉類・香辛料をとりすぎないよう心がける

 

寝ている間や入浴後すぐに激しいかゆみを感じるような場合、状況は深刻です。
感染症の可能性もあるので、皮膚科へ行って相談をしましょう。

 

ホーム「素浪人の気まぐれ日誌」に戻る


コメント