自分では気づかない体臭に気を付けよう

コミュニケーション

体臭の原因は?

体臭の原因は、汗と皮脂と皮膚の常在細菌の3つです。汗や皮脂そのものは臭いません。それらを皮膚にいる常在菌が食べてエネルギーを合成(代謝)し増殖します。そのときに汗臭(ワキ臭)やミドル脂臭の原因となるニオイ成分が排出されて臭うのです。また加齢臭の発生メカニズムは、汗臭(ワキ臭)やミドル脂臭とは違い、皮脂が空気中の酸素により酸化されてニオイ成分が発生して臭います。

 

体臭には種類があるの?

 

体臭とひとことで言っても、さまざまな部位から発生しています。しかも、体の部位によってニオイの種類が違うのです。

ワキで発生する「ワキ臭」、後頭部~首の後ろで発生する「ミドル脂臭」、体幹部・背中で発生する「加齢臭」、足で発生する「足臭」といった種類があります。

 

年代によって体臭は変化するの?

20代で最も強くなる汗臭(ワキ臭)、35~45歳で強さがピークとなるミドル脂臭、50代以降に強くなる加齢臭と、年代によって体臭は変化します。特に40代はこれら3種類全てのニオイが混在し、中でもミドル脂臭が強くなります。

 

体臭を防ぐにはどんな方法があるの?

ミドル脂臭をはじめとして、汗臭(ワキ臭)、加齢臭などのニオイを防ぐには、主に「制汗」「殺菌」「消臭」「代謝抑制」「洗浄」「マスキング」などの方法があります。

制汗   :制汗成分により、ニオイの元となる汗の発生を抑える

殺菌   :汗や皮脂を分解するときにニオイを発生するニオイ菌の増殖を防ぎ、ニオイの発生を抑える

消臭   :消臭成分により、発生してしまった加齢臭や汗臭などのニオイを消臭する

代謝抑制 :ニオイ菌の活動を抑制して汗や皮脂を分解しないようにすることでニオイの発生を防ぐ

洗浄   :ニオイの元となる汗やベタつく余分な皮脂を洗い落とす

マスキング:ニオイ成分を香料でごまかしてわからなくする

種類 汗臭(ワキ臭) ミドル脂臭 加齢臭 足臭
対象年代 20代 35~45歳 50代以降 全世代
発生場所 ワキ 後頭部~首の後ろ 体幹部・背中で
原因 常在菌が増殖し、そのときに汗臭(ワキ臭)やミドル脂臭の原因となるニオイ成分が排出されて臭うのです。 皮脂が空気中の酸素により酸化されてニオイ成分が発生して臭います。

 

薬用ネオテクトの殺菌率は驚異の99.999%

薬用ネオテクトの殺菌率は驚異の99.999%がニオイの元を断つ有効成分と制汗成分をWに配合しているので、男女年齢問わず体臭・加齢臭・臭い・脇汗・ワキガ・腋臭・ワキ汗のお悩みを解決致します。

 

ホーム「素浪人の気まぐれ日誌」に戻る


コメント