変形性膝・肘・指関節症は手術が必要か?

健康

実は昨年の1年間に3度整形外科に通院

 

通院の原因は1度目は左ひじの関節痛、2度目は左ひざ関節痛、3度目は右足親指の強剛母子と診断され原因は職業病ということでした。

 

職業病といっても解りにくいので、もう少し詳しく説明しますと、私は長年剣道をしております。剣道の稽古の際に関節部を酷使したことによる障害ということです。

 

剣道の基本的な動作をもう少し詳しく記載

 

①竹刀の振りの動作は両腕の肩関節・肘関節・手首の関節をしなやかに振り上げ・振り下げる運動を毎日、何百・何千と繰り返します。

 

②剣道には礼法を遵守しますが、稽古日の始めと終わりには正座による座礼を行い、お相手と試合や稽古をする始めと終わりには蹲踞をします。

この正座も蹲踞も膝には非常に負担のかかる動作といえます。

 

③剣道の打ち込みは、1足1刀の間合いから、お相手の打突部をめがけて、左足で蹴り、右足で踏み込みます。その際に右足には相当の衝撃を与え続けるのです。

以上の①~③を長い期間繰り返すことで、変形性膝・肘・指関節症ということでした。

 

治療は3度共に患部のレントゲンによる診察をされ、処方はロブ錠とロキソニンテープでした。

効能を調べると双方ともに沈痛剤で、痛みは治まりましたがが原因の根絶には至っていません。

 

痛みの根絶

 

変形性関節症による当面の痛みは解消しましたが、原因についての相談結果、関節部の軟骨は加齢と酷使により、すり減っているので、いつ再発しても不思議ではない。

 

 

今後、更に年齢を重ねるとことで、階段の上り下りや通常の歩行にも支障をきたすことも想定でき、何らかの抜本的な解消策がひつようです。・・・

 

 

医者の指導では剣道を止め、極力各部位に負担のかからない生活をするか、もし治療をするなら、ヒアルロン酸の注入する方法もあるとることでした!

 

 

剣道を止める選択肢は考えられず、まずはすり減った軟骨の再生の手段はないものかを模索する

ことにしました。

 

すり減った軟骨は再生できるか?

 

色々調べた結果では軟骨を再生できるかというと、結論は不可能です。

 

がしかし、治験者の細胞から軟骨細胞シートを作り、減った軟骨を再生することは出来ると言うことなら可能ということです。

 

具体的には、軟骨組織と滑膜組織を一緒に生成し培養しているのがポイントのようです。

滑膜とは関節内に栄養を供給する組織で、それと合わさることで軟骨再生を可能としているようです。

 

軟骨細胞シートがうまく定着すれば、しばらくは骨の変形や痛みも抑えられるかと思います。

 

しかし、あくまでそれは軟骨細胞シートがすり減ってなくなるまでの時間稼ぎです。

軟骨が再生したわけではないので、しばらくすればまた元の状態に戻るでしょう.

(なくなるまで何年かかるかはわかりませんが)

 

医者の提案するヒアルロン酸の注入とは

 

ヒアルロン酸とはN-アセチルグルコサミンとグルクロン酸とによって構成された高分子の物質です。

 

ですが元々は目の玉(眼球)のなかに詰まっている硝子体の成分として発見されたものです。

 

性状としてはネバネバした(粘性が高いと言います)もので皮膚や筋肉や軟骨を構成する主成分となっています。

 

人間の体を作っているのは無数の細胞ですが、この細胞同士をくっつけ合い勝手に細胞がバラバラに移動しないようにしている「結合組織」の主成分なのです。

 

ヒアルロン酸注入についての効果

 

ヒアルロン酸は整形外科分野では膝の軟骨が年齢とともに減少してきて、痛みを伴ったり、スムーズに動かなくなる症状に対して積極的に注射として使用されています。

 

直接関節内に注入して使用されており安全性に関しては問題は無いと考えて良いのです。

 

高分子で構成されるヒアルロン酸を注射しますので、針も少し太めで結構痛いです。

通院している医師に確認すると、週に1回で症状に応じて2~5週間行うとのことでした。

 

美容医療分野で使用しているのが美容皮膚科でみられる「しわを改善するヒアルロン酸注射」です。

 

ヒアルロン酸の摂取方法は、医療機関での注射タイプ、健康食品の飲むタイプそれと化粧品の塗る

タイプで化粧品は今回関係ないとしても、医療機関で注射と飲むタイプのサプリメント、どっちがいいのでしょうか・・・・?

 

不足したヒアルロン酸を補充することが目的です。

その足りなくなっているヒアルロン酸量は、人それぞれでまちまちであり、さらにその影響もまち

まちであるということです。

 

 

即効性は、はっきり言って注射です。皆さんが一番気になる部分に直接ヒアルロン酸を補充するので

はっきりした効果を実感することができます。

(もちろん医薬品ですので、効果をある程度は保障できます)

 

しかし、ヒアルロン酸は体の中でどんどん代謝されて減っていきますので、1~2ヶ月ぐらいでその効果は実感できないものになってしまいます。

人によっては、半月で再び注射をするということもあるようです。

 

医療機関に行って、処置をしてもらわないといけないので、通院も含めそれなりの時間を必要とします。

 

さらにご存知のとおり注射の「痛み」を伴います。これがどうしても「イヤ」という人もいる

ぐらいですから、特に痛みに弱い男性はつらいかもしれません。

 

私は、毎月痛い思いをしてこれからずーっと、注射をするのであれば、毎日のサプリメントで健康を維持してはどうか?と考えます。

 

変形性膝・肘・指関節症に対する結論

 

結局、同じようにヒアルロン酸を補充するのであれば、短期間、かつ一時的なものだけでなく、ヒアルロン酸を飲んで体内に吸収させ、毎日の食事と同様に習慣的に効率よく摂ったほうが合理的に思うのです。

商品の特徴などは続きをお読みください。

最後に長々と読んでいただきありがとうございました♪ヽ(^-^ )

あなたがいつまでもご自分の力で歩み続けられることを願っています。

 

ホーム「素浪人の気まぐれ日誌」に戻る


コメント