定期健康診断結果に反省

健康

定期健康診断について

私はサラリーマンとして、45年勤務したことから、ほぼ毎年定期健康診断を受けてまいりました。

 

若いころには何の問題もなく中年を迎え、気が付いたら人間ドッグの診断結果はイエローカードが数枚あり、サッカー選手なら即退場しなければならない状況でした。

人間ドックの受診結果から保健指導

先般の人間ドックの診断結果において、保健指導受ける羽目になりました。
食事のバランスと運動に心掛けているのですが、メタボと診断されました。
原因はお肉主体の食事でお魚が少し少ないとの診断!
お魚の少ない分をEPA・DHAサプリで補うことを勧められました。
EPA・DHAサプリと言えば、さかな暮らしダブル!

 

原因はお酒でした

役職柄で会食の機会が多く3日に1回は公式の会食がセットされていたこと、また社内の飲みにケーションを積極的に実施たこと、更に寝酒の習慣が身に付いたことで、365日お酒を飲まない日なかったことです。

 

その結果、「体重の増加、BMI=25以上」、「中性脂肪」、「血糖値の上昇」、「高血圧」、「肝臓γ―gtp上昇」、「LDLコレステロール上昇」です。

 

それでも、体調不良等の症状が無いことで、多少の対策「休肝日を設ける」、「運動を取り入れる」、「野菜中心の食事」程度でしのびながらレッドカードには至らない状況で退職を迎えたのです。

 

退職後は国民健康保険に加入し、地方自治体からの案内で人間ドックを定期的に受診しており、退職を期に飲酒の機会が徐々に減少したことと、週に6日の剣道の稽古や食事の改善で人間ドッグの結果も好転して、イエローカードはほとんど無くなりました。

 

お酒は百役の長と、云うことわざがありますが、度を超せば『百害あって一利なし』ということでした。

 

お酒の席では、やはり食べ過ぎに繋がりますし、睡眠直前まで飲酒・飲食をすることから脂肪が溜まりやすいことは言うまでも有りません。

 

もう少し早く気付くべきでした。と反省だけならサルでもできる・・・m(≧o≦)m

 

ホーム「素浪人の気まぐれ日誌」に戻る


コメント